グランリビング Grand Living

  • Facebook
  • Instagram
  • Contact

HOME > Life of GL project[設計コンセプト]

設計コンセプト

いつまでも飽きのこないシンプルモダンを基本に、
木のナチュラル感を取入れた、
温かさを感じる住まいを提案します。

シンプルの中に煌く重厚さ、素材それぞれの持つ独特の質感や肌触り、色感を大切にし、爽やかな風の香り、心地よい音の響きなどがそれを彩る。五感で感じ癒され、感性をくすぐる空間、齢が経つほど趣が出る意匠。華美を省き素材本来の味を最大限に生かす技、まさに「和食」のようにシンプルでかつ常に進化する。文化と美意識に通じ、それでいて挑戦的なもの。グランリビングは「木」を中心にしたシンプルでモダンな家づくりこそ住まい手の琴線に響くのではないかと考えデザインの柱に据えています。例えば世界三大銘木のウォールナット材。美しく落ち着いた木目と色合いが独特の気品を醸し出し、使ううちに重厚さが増す。長年の間についた傷がひとつの味わいになっていく。それが、自然で極上のビンテージ感を生み出すのです。シンプルだからこそ味わいが増す。時代にとらわれず、住んでいて飽きの来ない家になるのです。イギリスでは築50年をこえるような家でも、「なんと味わい深い佇まいなのか」と多くの人が感嘆し付加価値を見出します。

日本でも「恰好がいい家」はいくらでもありますが、本物の材料を使い、コストを抑えるには、確固とした裏付けがなければ出来ないものです。恰好だけの家は5年、10年もすれば必ずどこかに不具合やボロが出てくるし、飽きも出てくるものです。グランリビングには二上木材という強力な"裏付け"、品質・価格で凌駕できる住宅資材の卸力があります。資材のことを知り尽くしているからこそ、最適な資材を最適な価格で適材適所に用い、構造的にも、見た目にも、そして使っていくうちにも、五感をくすぐるような味わいと愛着が増す建築とデザインができるのです。サスティナビリティ(持続可能性)の時代だからこそ、家に愛着を持ちその表情の移り変わりを味わってもらいたい。いい素材を用い、使い込めば込むほど、住まい手と同じように齢月を積み重ね表情を変えていくデザイン。そのために資材卸を通じて得た情報を100%積め込んで出来上がる理想形の家を目指します。それがグランリビングの流儀です。

ページのトップへ戻る
求人情報
プライバシーポリシー
サイトマップ
スマホサイトPCサイト